ものもらい

ものもらいは眼瞼(まぶた)や目の縁に細菌が感染して起こります。
まぶたの一部が赤く腫れ、ズキズキするような痛みがあったり、押さえると痛いのが特徴です。
ものもらいは、医学的には麦粒腫(ばくりゅうしゅ)といいます。ものもらいという呼び名は主に東日本でのもので、地方によっては「めいぼ」「めばちこ」などと呼ばれています。

ものもらいの治療

抗菌薬の点眼や飲み薬を使用します。症状が進んで膿がなかなか出ない場合は、注射針により膿を出す処置を行うこともあります。