アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎とは、アレルギー反応により、目の充血やかゆみが起こる病気です。
アレルギー性結膜炎には、花粉症として知られている「季節性アレルギー性結膜炎」、ダニやハウスダストなど、常に存在するものが原因の「通年性アレルギー性結膜炎」、そして春〜秋にかけて特に症状がひどくなる「春季カタル」などがあります。
共通する自覚症状として、目がかゆい、ゴロゴロする、目やにが多い、などがあります。

季節性アレルギー性結膜炎の場合は、毎年決まった時期に目のかゆみなどの症状がみられます。
一方、通年性アレルギー性結膜炎の場合はダニやハウスダストなど、原因がほぼ年間通して存在するため、症状に季節性はみられず、慢性化しやすいと言われています。

主な原因
■スギ… 2月から4月まで
■カモガヤ… 5月~9月
■ヒノキ… 3月から5月まで
■ブタクサ… 8月~10月
■室内フン… ダニ、犬、ゴキブリ、猫など 通年

アレルギー性結膜炎の治療は、薬物療法が中心となります。季節性アレルギー結膜炎である花粉症については、花粉が飛び始める2週間前くらいから抗アレルギー点眼薬の投与をはじめると、より効果的であるという報告もあります。

当院ではアレルギー検査(イムノキャップラピッド)も行っております

当院で実施しているアレルギー検査では、アレルギーの原因となる主なアレルゲン8項目について、反応の有無がわかります。

指先から少量の血液を採取し、20分待てばその場で結果が出ます。小さなお子さんでも検査を受けていただくことができます。