加齢黄斑変性

ものを見るための視機能で、最も重要な網膜の中心部である黄斑部が障害されるのが、加齢黄斑変性です。50歳以上の人の約1%にみられ、高齢になるほど多くみられます。
主な症状は、歪んで見える、視野の中心が暗くなる・欠ける、色がよくわからない、見たいものがはっきり見えない、などがあげられます。
加齢黄斑変性と症状がよく似た他の目の病気もありますので、早い段階で正しい診断を受けることが大切です。

当院では、病気の性質を知ったり、治療の方針を立てるために、まず視力検査、網膜の状態を調べるための眼底検査および、光干渉断層計(OCT)を用いた検査を行います。