糖尿病網膜症

日本国内で糖尿病の可能性がある人は740万人といわれています。血糖が高い状態が続くことで、全身にいろいろな糖尿病の合併症を引き起こします。
糖尿病の患者さんの血液は、糖が多く固まりやすい状態になっているため、眼の一番奥の眼底にある網膜の毛細血管を詰まらせたり、血管の壁に負担をかけて眼底出血をしたりします。
これが糖尿病網膜症の始まりですが、初期の段階ではほとんど自覚症状がないため、患者さん自身が目の異常に気がつくことは困難です。

糖尿病網膜症の治療

糖尿病網膜症の治療の基本は、血糖のコントロールです。
しかし、自覚症状では目の状態はわかりませんので、内科で糖尿病と言われたら、必ず眼科で検査を受けてください。
当院では網膜の血管の状態を詳しく見るための精密眼底検査を行っています。