細菌性結膜炎

細菌が目に感染し、白目の一番表面の膜である結膜に炎症を起こす病気です。
目やにが出る、目がゴロゴロする、目が充血するなど不快な症状がほとんどです。

原因菌はインフルエンザ菌や肺炎球菌、黄色ブドウ球菌などです。
黄色ブドウ球菌は、健康な人ののどや鼻、皮膚、手指、毛髪、腸管などにも分布しています。感染力が弱いため、感染の危険は大きくありませんが、目にケガをしたとき、病気などで身体の抵抗力が落ちたとき、高齢者や子どもの場合は感染しやすくなります。

点眼薬による治療が基本となります。