結膜下出血

結膜下出血とは、結膜下の小さい血管が破れ、出血したもので、白目部分がべったり赤く染まります。
原因は様々で、思い当たる誘因がなくても出血します。
出血は1~2週間ほどで自然に吸収されることが多く、ほとんどの場合心配いりません。

ただし、以下のような場合は結膜炎やその他の目の病気、あるいは全身性疾患が原因となっていることがありますので、治療が必要です。

  • 眼外傷をうけた場合
  • 痛みやかゆみ、目やにを伴う場合
  • ひんぱんに繰り返す場合
  • 熱を伴う場合