目が疲れる

目の疲れの原因

目がしょぼしょぼする、しぶい、重いなどは、目を細めたり、眉間にシワを寄せてしまう原因にもなりやすい、疲れ目の症状です。放っておくと症状が進んで「眼精疲労」になり、表情だけではなく、心身に悪影響を与えるようになります。

「眼精疲労」は3つの要因が考えられます

  • 目の不具合:ピントが合わない、ドライアイなど
  • 環境の不適:パソコンを見続ける、VDT症候群、暗いところで本を読むなど
  • 心身の悪化:ストレスや過労、睡眠不足など

いつもの何気ないその作業、目に負担をかけています

日常生活の中で、見ない日はないパソコンやケータイ、テレビなどの発光体。これらを見ているときは、目をあまり動かすことなく、常にピント調節の筋肉が緊張している状態になり、長時間続けると疲労が蓄積します。
また、まばたきも減少することから、目が乾きやすくなり、目は一層疲れやすい状態になります。

疲れ目のケア

目を酷使している場合

まずは、目の休憩と規則正しい生活を心がけ、目をいたわりましょう。

  • 食事と休養をしっかりとりましょう
  • 長時間の作業をする場合は、1時間おきに10分程度目を休めるようにしましょう
  • 疲れがたまったときは、蒸しタオルなどを当てて目を温めるとリラックスできます
  • メガネやコンタクトレンズを使っている場合は、定期的に度が合っているかチェックしましょう
  • 40歳以上の方は、眼科で老眼の有無や程度を確認し、必要であれば老眼鏡を使用してください