黒いものが飛ぶ(飛蚊症)

飛蚊症とは

明るいところや白い壁、青空などを見つめたとき、目の前に虫や糸くずなどの「浮遊物」が飛んでいるように見えることがあります。視線を動かしても一緒に移動してくるように感じられ、このような症状を飛蚊症といいます。

飛蚊症の原因

眼球の中の大部分は、硝子体と呼ばれるゼリー状の透明な物質が詰まっています。この硝子体に何らかの原因で“濁り”が生じると、飛蚊症として自覚されます。この“濁り”には生理的な原因によるものと、病的な原因によるものがあります。

病的な原因には、網膜裂孔・網膜剥離、硝子体出血、ぶどう膜炎などがあり、いずれも早期治療が重要です。
見える「浮遊物」の数が増えたり、形が変わったり、視力が落ちるようであれば直ちにご相談ください。